by
  • Comment:0

う~。。サムサム。
立冬も過ぎ、暦の上ではもう冬なんですね。
こんにちは。コクロです。
今日はそんなわけで「冬」のからだのお話をしようと思います。

こちらは冬眠準備完了の様子のリスさんです。カワイイでしょ?
P1000265.jpg
(目覚めなくなるといけないので、冬眠はさせませんでしたが)
もうちょっとで8才の長生きさんで、とてもイイ子でした。がんばりました。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

冬は冷えとり的(東洋医学でも)には【腎臓】が活発に活動し、
腎臓からの毒が出やすい季節なんだそうです。
そして、腎臓と関連のあるところが骨なんです。
この時季、骨折しやすかったりするのは腎臓からの毒出しなんだって。
また、腰痛、関節痛、腰の冷えなんかも腎臓に関係しているからなんだよ。

今頃になると腰が痛くなる人は、寒さのせいだなんて思いこまないで、
大もとの腎臓を治さないと繰り返すことになりかねないかも。。
うちのモノグサ。もそうニャ。
よく「腰が痛い」って、ババくさいこと言ってるニャ。(ΦωΦ;)
腰という部位は腎臓や消化器(食べすぎ)の毒が出やすい所なんだ。

秋は肺の毒出しが活発になる季節だったんだけど、空気が乾燥する冬は、
逆に肺の機能が低下します。
だから風邪をひきやすくなるんだニャ。
風邪ウィルスは乾燥と冷えが大好きだからね。
風邪予防には、おフロの湯気をたっぷり浴びて、ゆっくり半身浴がいいね♨

あと、肺の毒は皮膚から出やすいんだって。
特にこの時季、手荒れが気になったりしないかニャ?
自分たちネコだって、冬はマメ、乾燥しやすかったりするんだよ。(ΦωΦ;)
これも乾燥のせいだけじゃなくて、肺の毒出しの意味もあるんだって。

んじゃ、どこ治せばいいんだ?と思った人もいますよニャ。
東洋医学(冷えとり医学も)では、体の不調を一部位のものとして診ないで、
体全体としてとらえます。
全ての不調の原因は【冷え】(上半身と下半身の温度差)からニャ。

「未病」とか「病気の気(け)」とか聞いたコトあるよね。
ドコが悪いってはっきり分からないけど、な~んか調子悪いなぁ~。って時
あるよね。
そんな時、病院で検査したりとかしても別に何ともなかったりして。。
それは、まだ目に見える形として出てきてないだけで、病気の「け」は体の中に
明らかにあるって事なんだよ。

いつでも足元を温めて、食べすぎに注意するニャ。
一番の主治医は自分自身ニャ!(*Φ Φ*)

カマクラで冬眠準備完了!
IMG_9262.jpg

…ん?
IMG_9266.jpg

クロも!
IMG_9284.jpg


スポンサーサイト
コクロ
Posted byコクロ

Comments 0

Leave a reply