by
  • Comment:0

こんにちは。コクロです。
おもちゃを頭に乗せられた時のです。
うちのモノグサ。も、よくおフロの中でこういうスタイルしています。
タオルを頭に乗っけて。。♨

DSCF8218.jpg


今回は、おフロはぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがいいって話の続きニャ。

うちのは、おフロはちゃんと肩まで浸かって~っていう事を子供の頃よく言われてたそうです。
きっと皆さんのところでもそうだったんじゃないでしょうか?
お風呂からあがる前には、あと10数えたらね!とか言われたものだったそうニャ。
結構熱いお湯に肩まで浸かって、頭まで熱くなったなぁ。。っていう覚えがあるそうです。♨

そんな今までの常識を覆して、この冷えとり健康法では内臓の少ない下半身を温めるために、
  ♨♨【半身浴】♨♨ なるものをします。

みぞおちの下あたりからお湯に浸かって、腕も出します。
最初はサムっ!と思うかもですが、これが慣れてくるとラクなんだって。
お湯はぬるすぎるなぁと感じたら、追いだきしたりして適度に温めてニャ。
水分補給しながら、ゆっくりと最低でも20分は湯船で温まります。
すると、じんわり汗が出てくるんだって。じんわりコレ大事。
最初、肩や腕が寒かったら、お湯をかけたりしながら慣らしてね。

ね、知ってるかニャ?
おフロの水圧って実はスゴくって、首から下まで浸かってるのはお相撲さんが二人ばかし乗りかかっているのと同じくらいなんだそうニャ。
なんか考えただけで、心臓とか呼吸が苦しくなりそうだニャー。

(もっと詳しく知りたい方は、まずは【万病を治す 冷えとり健康法 / 進藤義晴】を読んでみてね。冷えとり健康法をあみ出した先生が書いた冷えとりのバイブル的本です。)
DSCF8219.jpg

ババンババンバンバン~♪ フロ入ったかー?


DSCF8220.jpg

もう~とってよぉ~。(イカ耳。ちょいおこ。)
スポンサーサイト
コクロ
Posted byコクロ

Comments 0

Leave a reply